夏休みのわたしのお仕事〜自分と対話すること

夏休みはパステルでゆっくり制作することが難しいため
(こんなとき、アトリエがあると作業しやすいなぁっていつも思います)
ホームページの作業やフライヤーの制作など進めようと思ってます。

わたしはこの「パステルで作業することをしない」ことについて
ずっと「パステル好きじゃないんじゃないか」って思うことの原因にしていました。
「好きな人はどんな状況にあっても描く」って勝手に思い込んでいたのですよ(^^;

毎日描くことは大切なことだって思ってます。
音楽をする方は毎日の基礎練習は欠かせないし、アートだって同じじゃない?って思っていました。

そういう気持ちがあるからこそ、心が苦しくなっていました。
毎日描くことをしないのは「好きじゃないから」
描くための時間の確保、気持ちの確保も大切な仕事だよって。

そういう自分もまた自分で
でも状況的にできない自分もまた自分。
自分が苦しい思いをするのならば、違うところでがんばったらいい。

なんでパステルアートを伝えようと思うの?
なんでアートを日常に!って思うの?
どんな人に自分のアートに触れてほしいって思うの?
そういう自分との対話も大事な夏休みの仕事の一つです。

そうやって自分に聴きながら、ホームページやフライヤーを作っていくのは
自分の方向や足跡の確認になっています。

自分でもどうしてそのアートが楽しくて伝えたいと思ったか?っていうこととか
不思議と共通点が見えてきて…
今までそれを「楽しい」でひとまとめにしてきたことを
一つずつ紐解いていくような感じ。

そうすると全部がつながっていっている感じがして
キラキラや純正のスワロが好きなことも
パッと目を引くのではなくそっと寄り添いたいことも
「色と模様の魔法使い」であることも
わたしなんだなぁって思えてくるのです。

パステルアートを毎日描くことはできなくても
その分、もっと大切な心の作業をしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


← 戻る