よくばりに生きるんじゃなかったっけ?

ここ数日、自分の肩書きや仕事について考えていた。
わたし、だいたい紹介される時って
「パステルを描く人」っていう感じの
紹介が多いのね。
それで覚えてもらえてることを
どこかで違和感を感じていた。

でもね、それでもわたしのことを
覚えていてくれたり紹介してくれるのって
すごくうれしいことよね?って
ふと思って。

「パステル」とか「ルナアート」とか
わたしとそのコトバたちが結びついてる。
でもそれだけにとらわれることないんやなぁって。

それらはわたしへの入り口であって
その奥へはもっともっといろんな
ごっちゃごちゃな世界があふれかえっていても
それでもいいんじゃないかって。

「この人何してる人なん?」ってなるのが怖くて
つい「パステルじゃなきゃダメなんだ」とか
自分自身を閉じ込めようとしていた。

セルフマガジンコーディネーターって
まったくパステルと関係ないし
何か接点みつけて
肩書きを変えなきゃって。

そもそも「アートコネクター」ってなによ?
わかりにくくない?ってどこか思ってて。
かといって「パステルアーティスト」と
名乗れるほどパステルばかりでもなくて。

中途半端な自分にほとほと
「なにしたいんよ?」って
わけわかんなくて。

わたしは「パステル」だけじゃないことを
きっとみんなわかってるし。
もしかしたらもっと違うオリジナリティ見たいって
思ってくれてるかもだし。

好きなこと、やってみたいこと、
とことんよくばりにやってみたらいいやん!って
そういや、前に思ってたよね?わたし(笑)

そのうち
「ナードアロマのちはるさん」になるかもだし
「クロスステッチャーのちはるさん」かもだし
「ガーデナーのちはるさん」になってるかも。
でもどれもきっと入り口が変わっただけで
わたしはわたしなのよね。

どれか1つに絞ることなんてできない(苦笑)

なので、やっぱりよくばりに生きよう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


← 戻る