モノクロ

むかし、「monochrome」という題の短編にもならないほど短く、ポエムにしては長く物語的な話を綴っていたことがある。
永いつきあいの方は覚えてくれている方もいるかも。
サブタイトルが「断片的な時間の連続の中に ボクらはいる」ってコトバだったのだけど、これが我ながら好きで(笑)
細切れの静止画がつながっていくイメージだった。
そこには動きもなければ色もない。

“Timeless”

時間の概念のない世界。
色も形も感じるままの世界。
モノクロはいつだってパラレルワールドへの入り口だと思う。
いかようにも描ける、いくつもの色への入り口。

白も黒も好き。
白でも黒でもない。
混ざったグレーでもない。
「私は魅惑するために分極化する」

断片的な時間の中で会える人や感じる想いがある。
目を閉じればそこに広がっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


← 戻る