つぶやき

作品展をする自分の中での意味とか目的って…

6月14日からはじまる作品展「にじいろの世界」について なぜ作品展をするのか?と自分と対話することが多々ありました。 作品展って華やかにも見えるけど、実は地道な作業がたくさんあります。 グループ展をしてるからそれを知ってるけど、それまではまったく知らなくて ただ観客として「すごいなぁ」「立派なだなぁ」って感心したり 時には心の中で酷評だったりもしたり... 観客だっただけのときは その裏側の作業に対してだったり メンタルに対してだったり わからないことや想像もつかないことが多かったなぁって思います。 (さらに…)

無になる時間がくれるもの。

あんまり自分の過去の話をすることがないから 「子育て」の話をすると結構びっくりされる。 「ちはるさんにもそんなことあったの???」 ありましたとも(苦笑) ほんとにどーにもならないくらい天を仰いだこともありましたとも。 (さらに…)

「ゆるす」というテーマがようやくわかったよ。

年末年始、いろんなことがありました。 ちょっといつもとは違う「感情を揺さぶられた」年明け。 わたしのいろんなところでいつも出てくるテーマ。 それは「ゆるす」ということ。 (さらに…)

持久走をしているような感覚で。

自分のペースを知っておくことは大切だと思う。 何をするにせよ、何かをはじめることはカンタン。 えいって飛び込む勇気があれば きっかけがあれば なんだか楽しそうって思ったら (さらに…)

振り返ると足跡があった。

ホームページを作っていて、過去の作品や活動を改めてみつめている。 そのときそのときは一生懸命で、いろんな情報と比べてしまっていたけど... 振り返るとちゃんと足跡があった。 地道に歩いていた。 その足跡は人に比べたら少ないかもしれない。 たいしたことないかもしれない。 でもちゃんとそこにあった。 (さらに…)

アートそのものには「自信を持てる」効果はないと思う。

ルナアートをオススメしたいときに 「こういう効果があります」っていうことを ちゃんと示したいと思ったことがあった。 でも、考えても出てこない。 何を書いても嘘くさい。 そんなこんなで「こんな方にオススメです」ということしか示せずにいた。 (さらに…)

よくばりに生きるんじゃなかったっけ?

ここ数日、自分の肩書きや仕事について考えていた。 わたし、だいたい紹介される時って 「パステルを描く人」っていう感じの 紹介が多いのね。 それで覚えてもらえてることを どこかで違和感を感じていた。 (さらに…)

自分に火がつく瞬間って客観的におもしろいね。

昨日の深夜、ふと思った件。 「わたしって『難しい』って言われると火がつくよね」 難しすぎるものには興味ないけど かんたんすぎるものにも興味ない。 イラストロジックっていうパズルに めっちゃハマってたことがあって、 それを思い出した。 (さらに…)

ベイビーステップで…★

「行動の細分化」ってしたことある? [blogcard url="http://ameblo.jp/kazumitsu-watabe/entry-12158873754.html"] とくちゃんの記事を読んで、「ベイビーステップ」というコトバに反応してしまった。 (さらに…)

アナログなわたし/デジタルなわたし

「デジタルなところ、意外よね~」 よく言われる。 見た目、ほわほわしてて ハンドメイドや何か作るのが好きで LINEも基本的なこと以外ほとんどできない(苦笑) (さらに…)

← 戻る

←古い記事を見る